« Jenkinsのジョブフローを可視化 | トップページ | チケット駆動開発のアンチパターンの事例 »

2012/11/01

Jenkinsをジョブ管理ツールとして使う事例part2

Jenkinsをジョブ管理ツールとして使う事例を見つけたのでメモ。

【元ネタ】
Jenkinsで定期実行するJobを管理したほうが良い3つの理由|Pimp my Code. @wataru420

上記の記事では、Jenkinsを高機能なCronとして使うメリットが書かれていて、参考になる。

(引用開始)
定期実行って、Cronを使ってやるのが一般的ですよね。
エンタープライズシステムだとJP1とか使って管理したりしますが、
それJenkinsで良くない?

というわけで考えて見ました。
なんでJenkinsがいいのか。

メリット(cronとの比較)

① SVNなどのSCMとの連携が可能

② メール等のアラートが可能

③ 実行履歴の確認が容易
デメリット

① Jenkinsが落ちたら動かない

ただこれはJenkinsの監視やバックアップである程度回避できます。

またJP1 などは大変高価なので、無償で使えるのは嬉しいですね!
(引用終了)

記事の最後に書かれているJenkinsプラグインも興味深い。

Jenkinsを高機能なCronとして使う場合、Cron Column Plugin - Jenkins - Jenkins Wikiのプラグインは良さげだ。
ジョブ名の横に「10分おきに起動」「夜間1時に起動」が表示されるので、リアルタイムなバッチなのか、日次なのか、月次なのか、が一目で分かる。

Next Executions - Jenkins - Jenkins Wikiのプラグインでは、次に実行されるジョブをサイドバーに表形式で表示してくれる。
つまり、「今日の18時にジョブAが起動」「今夜22時にジョブBが実行」などが表示されるので、タイマーのように理解できる。

また、Email-ext plugin - Jenkins - Jenkins Wikiを使えば、メールの通知内容や宛先をカスタマイズできるし、メールの通知タイミングを制御できる。
以前、@haru_iidaさんは、このプラグインを使って、Hudsonがビルドエラーを検知したら、メールを発行して、Redmineへ送り、Redmineチケットに自動登録される運用事例を講演されていた。
つまり、ジョブが異常を検知したら、即座にメールを発行するように制御することもできる。

Jenkinsはアイデア次第で、開発の効率を更に向上させてくれる可能性を秘めている。

|

« Jenkinsのジョブフローを可視化 | トップページ | チケット駆動開発のアンチパターンの事例 »

Jenkins」カテゴリの記事

Redmine」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Jenkinsのジョブフローを可視化 | トップページ | チケット駆動開発のアンチパターンの事例 »