« Springフレームワークをバッチ処理やHadoopにも適用する | トップページ | Gitによるチケット駆動開発の事例 »

2013/03/24

構成管理パターンの記事「Streamed Lines: Branching Patterns for Parallel Software Development」

実践 反復型ソフトウェア開発」に構成管理のパターンやアンチパターンに関する記事があったのでメモ。
ラフなメモ書き。

【元ネタ】
Streamed Lines: Branching Patterns for Parallel Software Development

1999年に書かれたという上記の記事は、構成管理に関する基本的な考え方が体系立てて書かれている。
内容は、ブランチ管理やマージの考え方、手法が整理されたもの。

1999年といえば、CVSが普及する前後であり、SubversionもGitも出現していなかった時代ゆえに、先を見通した良い記事かなと思う。
パターンによるソフトウェア構成管理」よりも内容が詳しい。

内容は後で整理してみる。

Appendix A - Streamed Lines: The Patterns

Basic Branch/Line Elements
E1. Activity Branch
E2. Functional Branch
E3. Component Branch
E4. Project Branch
E5. Development Line
E6. Maintenance Line
E7. Integration Line
E8. Release Line

Branching Policy Patterns
P1. Codeline Policy
P2. Codeline Ownership
P3. Relaxed-Access Line
P4. Restricted-Access Line
P5. Merge Early and Often
P6. MYOC (Merge Your Own Code)
P7. Early Branching
P8. Deferred Branching

Branch Creation Patterns
C1. Policy Branch
C2. Branch per Task
C3. Codeline per Release
C4. Subproject Line
C5. Virtual Codeline
C6. Remote Line
C7. Component Line
C8. Platform Line

Branch Structuring Patterns
S1. Mainline
S2. Parallel Maintenance/Development
S3. Overlapping Releases
S4. Docking Line
S5. Staged Integration Lines
S6. Change Propagation Queues
S7. Third Party Codeline
S8. Inside/Outside Lines

Branching Traps and Pitfalls

T1. Merge-a-phobia
T2. Branch-a-holic
T3. Merge-mania
T4. Continual Cascading
T5. Spaghetti Branching
T6. The Unknown Branch
T7. The Never-ending Branch
T8. "Big Bang" Integration
T9. The Wrong-Way Merge
T10. Run-away Merge
T11. Development Freeze
T12. Codeline Pudding
T13.Integration Wall

|

« Springフレームワークをバッチ処理やHadoopにも適用する | トップページ | Gitによるチケット駆動開発の事例 »

Agile」カテゴリの記事

Git・構成管理」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Springフレームワークをバッチ処理やHadoopにも適用する | トップページ | Gitによるチケット駆動開発の事例 »