« DOAはOOA以前に表記法の問題点がある | トップページ | ドメイン駆動設計を考え直す »

2013/05/03

リーンソフトウェア開発のリンク

てつ。さんが「リーンソフトウェア開発がいまだによくわからない」という記事を公開されていたのでメモ。
僕もリーンソフトウェア開発は理解できてないので、関連記事をリンクしておく。

【元ネタ】
リーンソフトウェア開発がいまだによくわからない - Always All Ways

リーンソフトウェア開発の新刊が出ました。:An Agile Way:ITmedia オルタナティブ・ブログ

『リーン開発の本質』のあとがき。日本のアジャイルをつくりたい。:An Agile Way:ITmedia オルタナティブ・ブログ

Agile から Lean への旅 -- UK Lean Conference を終えて:An Agile Way:ITmedia オルタナティブ・ブログ

「測定できないものは制御できない」は誤りだった。-- by Tom Demarco:An Agile Way:ITmedia オルタナティブ・ブログ

リーンソフトウェア開発が分かりにくい理由は、リーンの発生源がトヨタ生産方式という製造業の現場から生まれた技法にあるからだと思う。
ソフトウェア開発とは違う場所から生まれているために、リーン特有の考え方がしっくりこない気がしているのだと思う。
リーンソフトウェア開発を理解するための一つの手法として、生産管理に出てくるカンバン方式から理解するのも一つの道筋ではないかと思っている。

また、アジャイル開発に比べるとはるかにビジネス寄りであり、経営者の観点のような気がする。
SIの立場ではなく、ユーザ企業がソフトウェア開発する場合に必要な技法の一つとして、リーンソフトウェア開発があるのではないか、と。
だからこそ、ビジネスにおける価値をすごく重視しているし、それに関する概念(意思決定に関する最終責任時点など)が色々ある。

他にも漁ってみる。

|

« DOAはOOA以前に表記法の問題点がある | トップページ | ドメイン駆動設計を考え直す »

Agile」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

経営・法律・ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DOAはOOA以前に表記法の問題点がある | トップページ | ドメイン駆動設計を考え直す »