« コプリエン著のアジャイルソフトウェア開発の「組織パターン」の感想part2 | トップページ | パイロット開発にAgile開発のアイデアを適用した事例~実験的アプローチ #JaSST_Kansai »

2013/08/10

Antを見直すpart2

Antに関する記事をメモ。

【参考】
Antリファクタリングカタログ: プログラマの思索

Antを見直す: プログラマの思索

【1】AntとGroovyを組み合わせる

下記の記事では、MySQLへ画像ファイルをBlobデータとしてInsertするとき、Antをバッチスクリプトとして作り、Insert処理はGroovyで実装する。

Groovy + AntでBlobデータ投入ツールをさっと作る | SDアドバイザーズ開発室から

この手法が面白い点は、Antと言うタスク指向のビルドスクリプト内部で、条件分岐やループ処理をGroovyで自由自在に実装できること。
つまり、Antビルドスクリプトをバッチ処理のように使える。

他にも下記の事例があるみたい。

Antスクリプト内でGroovyを利用する - No Programming, No Life

ant中からgroovyを呼び出す~あれこれ~ - プログラマ的京都生活

最終的にはDSLのような考え方に通じるだろうと思っている。

groovyの可能性: プログラマの思索

DSLの使い道は継続的デリバリ~AntやMavenからGradleへ: プログラマの思索

【2】AntではCVSタスクは普通に使えるのに、SVNはデフォルトでは使えない。
 AntでSVNコマンドを使うには、svnantタスクを使えばいい。

svnantのtask一覧

SVNのチェックアウト、エクスポート、コミットなどもAntのタスクで使える。

|

« コプリエン著のアジャイルソフトウェア開発の「組織パターン」の感想part2 | トップページ | パイロット開発にAgile開発のアイデアを適用した事例~実験的アプローチ #JaSST_Kansai »

Git・構成管理」カテゴリの記事

Jenkins」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コプリエン著のアジャイルソフトウェア開発の「組織パターン」の感想part2 | トップページ | パイロット開発にAgile開発のアイデアを適用した事例~実験的アプローチ #JaSST_Kansai »