« Jenkinsの使い道 | トップページ | 【告知】「Redmineの運用パターン集~私に聞くな、チケットシステムに聞け」を講演します »

2013/08/17

SugarCRMの資料

オープンソースのCRMソフトSugarCRMの資料を見つけたのでリンクしておく。

【参考】

SugarCRMはシンプルなCRMソフトと言える。
SugarCRMの機能は、Redmineの機能にマッピングできるか?

取引先=Redmineユーザグループ、担当者=Redmineユーザとすれば、顧客情報の管理に使える。
取引先(顧客)が潜在顧客(ターゲット)なのか、見込み客(リード)なのか、既に受注済みの既存顧客なのか、という区別は、Redmineユーザグループの属性の一つとして管理できる。

また、取引先との活動履歴として、SugarCRMには、ミーティング(打合せ、予約)、ケース(クレーム対応)、タスク(依頼された仕事)、コール(電話対応)があるが、これらはRedmineのトラッカーとしてマッピングできるだろう。
つまり、ワークフローの一部として捉えることができる。

但し、SugarCRMの重要な機能であるマーケティング機能や営業支援機能は、Redmineのデフォルト機能にそのままマッピングするのは無理。
RedmineCRMプラグインを導入して、取引先ごとの案件管理や商談ステータスの管理を使う必要があるだろう。

RedmineはCRMソフトとして使えるか?Part2~RedmineをCRMソフトとして使うためのプラグイン: プログラマの思索

RedmineはCRMソフトとして使えるか?: プログラマの思索

メールからRedmineのチケットを自動登録する時の注意点: プログラマの思索

|

« Jenkinsの使い道 | トップページ | 【告知】「Redmineの運用パターン集~私に聞くな、チケットシステムに聞け」を講演します »

Redmine」カテゴリの記事

ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Jenkinsの使い道 | トップページ | 【告知】「Redmineの運用パターン集~私に聞くな、チケットシステムに聞け」を講演します »