« iDempiereのインストール方法と画面キャプチャ | トップページ | 「Redmine超入門 (日経BPムック)」が発売されました »

2013/12/11

Jenkinsビルド後の処理でRedmineにチケット登録ができるJenkinsプラグインredmine-posttask-plugin

Jenkinsビルド後の処理でRedmineにチケット登録ができるJenkinsプラグインredmine-posttask-pluginの記事が公開されていたのでメモ。

【元ネタ】
Jenkinsビルド後の処理でRedmineにチケット登録ができるプラグインを作った話 - Qiita [キータ]

KokawaTakashi/redmine-posttask-plugin ・ GitHub

taskadapter/redmine-java-api ・ GitHub

(引用開始)
Jenkinsの「ビルド後の処理」に、「ビルド失敗時にRedmineにチケット登録をする」処理を追加できます。
(毎ビルド常にチケット登録する事も可能です)

ビルド結果の通知をメールではなくRedmineに登録してほしい場合や、ビルド失敗時の対応がSCM外にも発生する場合など、ジョブの実行結果に対する対応をRedmineに蓄積しておきたい場合に使う事を想定しています。
(引用終了)

上記の記事に書かれている通り、Jenkins上でビルド処理のジョブが失敗した時、Redmineへチケット登録する。
アーキテクチャとしては、Redmine REST APIを使っているみたい。

効果としては、Jenkinsのジョブが失敗した時、メール通知だけでなく、Redmineにもチケットが起票されるので、その後の障害対応がやりやすくなることがあるだろう。
ジョブ失敗のタイミングでチケットが起票されるので、障害の対応履歴がチケットに残り、その後のリリース作業や保守作業で参考になるだろう。

チケットにビルド失敗の履歴が蓄積されれば、その後の是正対策も取りやすくなるはず。
つまり、チケットはPMBOKで言う「組織のプロセス資産」(教訓)でもある。

|

« iDempiereのインストール方法と画面キャプチャ | トップページ | 「Redmine超入門 (日経BPムック)」が発売されました »

Jenkins」カテゴリの記事

Redmine」カテゴリの記事

チケット駆動開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« iDempiereのインストール方法と画面キャプチャ | トップページ | 「Redmine超入門 (日経BPムック)」が発売されました »