« 経験の浅い人はEVMの「出来高」という概念を理解しにくい | トップページ | 「プロフェッショナルCIOの教科書」の感想~調整型CIOは必ず失敗する »

2014/08/30

astahでいつも忘れるTips

astah Professionalを使っている時に、いつも忘れる使い方があるのでメモ。

【1】コンポーネント図のインタフェースで提供インタフェースと要求インタフェースを関連づける
astah* Users Community Site - フォーラム コンポーネント図のインタフェースに関して

astahでは、コンポーネント図で提供インタフェースと要求インタフェースを関連付ける方法は直感的ではないと思う。
やり方としては、提供インターフェースを作成した後、ツールパレットから「使用依存」を選択し、
コンポーネントから提供インターフェースに向かって作成する。

【2】クラス図で限定子を作る

astah* Users Community Site - フォーラム 限定子

関連、関連クラス

クラス間の「関連」をクリックして表示されるポップアップメニューから「限定子を追加」を選択する。

|

« 経験の浅い人はEVMの「出来高」という概念を理解しにくい | トップページ | 「プロフェッショナルCIOの教科書」の感想~調整型CIOは必ず失敗する »

astahによるUMLモデリング」カテゴリの記事

モデリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 経験の浅い人はEVMの「出来高」という概念を理解しにくい | トップページ | 「プロフェッショナルCIOの教科書」の感想~調整型CIOは必ず失敗する »