« SysMLツールベンダー3社揃い踏みシステムモデリング事例&ツールセミナーのリンク | トップページ | 【事前公開】【第7回redmine.tokyo勉強会】RedmineのFAQとアンチパターン集~WBS駆動からチケット駆動へ #redmineT »

2014/11/09

Pandoc ユーザーズガイド 日本語版のリンク

Pandoc ユーザーズガイド 日本語版のリンクをメモ。
これは非常に助かる。

【参考】
ドキュメント変換ツールPandoc:ユーザーズガイドを熟読して分かったマニアックな使い方 - Qiita

Pandoc ユーザーズガイド 日本語版 - Japanese Pandoc User's Association

HTML - 多様なフォーマットに対応!ドキュメント変換ツールPandocを知ろう - Qiita

Pandoc - Installing

僕は、Pandocを愛用している。
よく使う利用シーンは、記事や原稿を書く時、資格勉強の専門知識をまとめる時に、PC上でMarkdownでテキストで書いておく。
そして、PandocでWordファイルやEpubに変換して、iPhoneに送って、隙間時間に読む。

記事や原稿は、何度も推敲して、文章を洗練させることが大事だが、PC上の原稿をEpubに変換しておけば、目次も作ってくれるし、画像ファイルも挿入して後から読める。
通勤の電車、歩いている時、ぼーっとしている時に、iPhoneで気軽に読めるのがいい。

Pandocの利点は、Markdownで書いておけば、色んな出力ファイルに対応していることだ。
GitHubやBitbucketでmdファイルをコミットしておき、CIサービスで定期的にepubへ変換してiPhoneに送るようにしておくのもありかもしれない。

下記の記事を読むと、てMarkdownをTextileに変換して、RedmineのWiki記法に合わせる事例もある。
色々な使い道があるだろう。

pandocでmarkdownからredmineのwiki文法に変換する - Qiita

MacにPandocを入れてMarkdownをTextileに変換 - Qiita

|

« SysMLツールベンダー3社揃い踏みシステムモデリング事例&ツールセミナーのリンク | トップページ | 【事前公開】【第7回redmine.tokyo勉強会】RedmineのFAQとアンチパターン集~WBS駆動からチケット駆動へ #redmineT »

Redmine」カテゴリの記事

ソフトウェア」カテゴリの記事

電子書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SysMLツールベンダー3社揃い踏みシステムモデリング事例&ツールセミナーのリンク | トップページ | 【事前公開】【第7回redmine.tokyo勉強会】RedmineのFAQとアンチパターン集~WBS駆動からチケット駆動へ #redmineT »