« エバンジェリストが訴求するのは製品や技術ではなく市場を開拓すること | トップページ | これはあなたの人生です »

2015/03/15

iDempiereの活用法、アーキテクチャ、開発環境の資料リンク

iDempiereの活用法、アーキテクチャ、開発環境の資料が公開されていたのでメモ。

【1】低コスト経営を実現するためのOSS ERP iDempiereの活用法

iDempiereで何ができるのか、どんな利用シーンで使えるのか、が分かりやすい。

【2】EnterpriseArchitectでリバースエンジニアリングした資料

RDRAによる分析で有名な神崎さんが作成されたモデリング資料が公開されている。
神崎さんの話によれば、iDempiereのアーキテクチャはとてもすっきりしていて、ビジネスロジックとユーザ・インタフェースが完全に分離されており、機能追加しやすいアーキテクチャになっているらしい。

Enterprise Architectのリバースエンジニアリングは大量のJavaソースをすぐに読み込めるし、解析できるから便利ですよ、と言われていたのも思い出す。
iDempiereは1000近いテーブル、4000個ものソースがあるから、こういう優れたモデリングツールが無ければ、システムの全体像を理解するのも難しいだろう。

iDempiereの業務分析

iDempiereのアーキテクチャ

要件定義の散歩道 - タイムラインの写真

要件定義の散歩道 - 今まで投稿した記事のもとになったiDempiereのモデルファイル(EAファイル)を差し上げます。...

【3】iDempiereの開発環境の作り方

EclipseとJavaとPostgresSQLを用意すれば、デバッグできる環境が整う。

Java - iDempiere v2.0の開発環境をMacに構築する - Qiita

iDempiereのインストール方法と画面キャプチャ: プログラマの思索

iDempiere(アイデンピエレ)の開発環境構築 - OSS ERP Compiere Distribution Lab

|

« エバンジェリストが訴求するのは製品や技術ではなく市場を開拓すること | トップページ | これはあなたの人生です »

ERP・財務会計・経済学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エバンジェリストが訴求するのは製品や技術ではなく市場を開拓すること | トップページ | これはあなたの人生です »