« ドメイン駆動設計はアジャイル開発の弱点を補完する技法ではないか | トップページ | Redmineは実績工数管理システムになりうるか »

2015/10/02

「価値ある製品を生み出すためのアジャイル実践ポイント」の資料が公開されました

8/22に行われたSEA関西イベントの資料「価値ある製品を生み出すためのアジャイル実践ポイント」が公開されたのでメモ。

【参考】
第63回 SEA関西プロセス分科会-SEA関西 価値ある製品を生み出すためのアジャイル実践ポイント

これからアジャイル開発を実践したいという初心者向けに、アジャイル開発のマインドや実践ポイントを解説した資料。
特に、ターゲットは、製造業向けのソフトウェア開発者をイメージしているみたい。
135ページと長いが、「わかりやすいアジャイル開発の教科書」をベースにしているので、内容はとても分かりやすい。

当日の勉強会では、初めて、レゴスプリントをワークショップで経験した。
レゴスプリントでは、ブロックを使って、Scrum風のプロセスで製品をチームで作っていく。
結構面白かった。

なお、レゴスプリントとレゴスクラムは全く違うモノらしい。
それも一つ勉強した。

|

« ドメイン駆動設計はアジャイル開発の弱点を補完する技法ではないか | トップページ | Redmineは実績工数管理システムになりうるか »

Agile」カテゴリの記事

プロジェクトファシリテーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドメイン駆動設計はアジャイル開発の弱点を補完する技法ではないか | トップページ | Redmineは実績工数管理システムになりうるか »