« Redmineがいくら良くても会社の上司や経営者が見なければExcelがはびこってしまう事例 | トップページ | Redmineに向いている組織はPJ型組織やマトリクス型組織ではないかという仮説 »

2016/07/31

第65回 SEA関西プロセス分科会&RxTStudy #15 「チケット管理システムによるプロセス支援と今後の課題」の感想

JAXAのRedmine利用事例に関する講演会が無事に終了。
多数の参加者の皆さんも満足できたと思います。
スタッフとしても、講演者と参加者の方に感謝です。
ラフなメモ書き。

【参考】
第65回 SEA関西プロセス分科会&RxTStudy #15 「チケット管理システムによるプロセス支援と今後の課題」 - RxTStudy~Redmineとタスクマネジメントに関する勉強会 | Doorkeeper

JAXA Repository / AIREX: CODA: JSS2の運用・ユーザ支援を支えるチケット管理システム: Redmineの事例と利用のヒント

JAXAのRedmineモデル~Redmineはレイヤ構造になっている: プログラマの思索

第65回 SEA関西プロセス分科会&RxTStudy15 「チケット管理システムによるプロセス支援と今後の課題」 #RxTStudy - 日々の御伽噺

MAEDA, Goさんのツイート: "JAXAのRedmine利用事例の論文( https://t.co/xcay83LGeB )の英語訳が公開されています。 https://t.co/3pt5OnnPXe"

【1】JAXA様のRedmine利用事例の講演では、実際の画面の一部も見せてもらうことができて、JAXAの運用ルールが非常に理解できた。
JAXAの動機としては、マネージャの観点では、経営層に、投資対効果のメリットをアピールするために、Redmineでデータを収集して、定量データを報告したい、ということがあったらしい。

だから、カスタムフィールドを増やして、カスタムフィールドで集計しやすくする運用は必須だった。
しかし、ワークフローを複雑にしたくなかったので、トラッカーとロールを増やさないようにしたかった。
そこで、ロール設定のORルールやカスタムフィールドのANDルールを生み出した、と。

僕の疑問は、カスタムフィールドを増やしたがるのはマネージャの観点であり、入力項目が多いと億劫になりがち。
そのようなデメリットはないかと思ったが、JAXAの回答としては、過去のお手製BTSでは、入力項目がテキストボックスでデータの揺らぎがあり、集計しづらかった。
だから、Redmineのカスタムフィールドで入力項目の書式を定型化して、集計しやすくするルールは必須だった。

また、カスタムフィールドのANDルールによって、各プロジェクトごとにカスタムフィールドのON/OFFを制御しているので、ユーザにとっては必要なカスタムフィールドしか表示されていないので、あまり気にならないメリットもあると理解できた。

【2】パネルディスカッションでは、ISO9001やIT内部統制をRedmineで実現して、実際にコストを削減できるか、という点も質問してみた。
ISO9001を帳票ワークフローシステムと見なしてRedmineで運用してみるアイデア: プログラマの思索にも書いたけれど、日本のメーカーではISO9001の導入は必須の会社が多い。
しかし、ISO9001のプロセスが重荷になり、逆にコスト増になっているのではないか、という現状が多いのではないか。

JAXAの回答では、ISO9001をRedmineで運用するのはうまく回っている。
ISO9001は指針をしめしているだけであり、QMSの実装は現場ごとに実現して良い。
ISO9001やQMSの目的を十分に理解できていれば、その手段をRedmineで実現してもいいし、実際にそれで運用を上手く回す事ができる、と。
逆に、そんな質問は、ISO9001の目的と手段を取り違えて運用しているのではないか、という指摘を頂いた笑。

僕の感触としては、RedmineでISO9001で運用する場合の課題は、チケットの全文検索と、証憑などのエビデンスというOfficeファイルのファイル検索にあると思っている。
監査の時に、必要な情報をRedmineの全文検索からチケットを抽出できるか、その証憑となるExcelファイルを共有ファイルサーバーから取り出せるのか。

JAXAの方や@akahane92さんの話を聞くと、Redmineチケットに情報を集約し、チケットの関連付けや構成管理ツールのリポジトリ連携によって、トレーサビリティは実現できるし、検索もできる。
また、JAXAの運用では、DMSFプラグインを入れることで、ファイル検索と必要な情報の分類もできている、とのこと。
たしかに、DMSFプラグインでその課題はクリアしているわけだ。

【3】僕の発表資料「大規模組織や多様な業務におけるRedmineの課題」では、僕が理解しているJAXAの運用ルールの紹介と、組織構造がRedmineに与える影響事例としてPJ分割ルールについて話してみた。
JAXA運用ルールの噛み砕いた紹介は、参考になったという声があって、良かった。
また、機能別組織・事業部制組織・PJ型組織・マトリクス型組織という4つの組織構造に対し、Redmineが有効に使える部分の提示、そして、Redmineプロジェクトと組織構造の関連の説明も、一部の人にとっては、すごく参考になった、という声も聞いて、作った甲斐があった。

個人的には、組織構造がプロセスやツールに影響を大きく与えているのは確かだし、日本では、自社の組織構造や組織のルールに、プロセスやツールを従わせるようにしたい欲求が強い。
そういう状況において、Redmineの機能の柔軟さ、豊富さがメリットになっている部分を感じている。

【4】他の資料はコチラ。

|

« Redmineがいくら良くても会社の上司や経営者が見なければExcelがはびこってしまう事例 | トップページ | Redmineに向いている組織はPJ型組織やマトリクス型組織ではないかという仮説 »

Redmine」カテゴリの記事

コミュニティ」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

チケット駆動開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Redmineがいくら良くても会社の上司や経営者が見なければExcelがはびこってしまう事例 | トップページ | Redmineに向いている組織はPJ型組織やマトリクス型組織ではないかという仮説 »