« Unofficial Redmine CookingプロジェクトでRedmineカスタマイズのノウハウを皆で集めてみよう | トップページ | WindowsのRubyのバージョン管理はuruを使う »

2016/12/06

品質保証部はソフトウェア組織のボトルネックなのか、ソフトウェアチームに同化すべきなのか

平鍋さんの記事を読んで、品質保証部はアジャイル開発のボトルネックなのか、必要な組織なのか、いろいろ考えてしまった。
主張のないラフなメモ書き。殴り書き。

【参考】
QA to AQ: Quality Assurance から Agile Quality へ - Qiita

HARADA Kiroさんのツイート: "明後日開催です。英語で開催ですが、ゆっくり質問の時間はありますので、ぜひ。/ "品質保証からアジャイル品質へ入門コースー品質もアジャイルになるための価値、プラクティス、パターンー" https://t.co/m9eXSwIExq @Eventbriteさんから"

(引用開始)
よくアジャイル開発についての質問で、「品質保証はどうするのですか?」と聞かれることがあります。
日本の大企業の中には「品質保証部」という組織があり、そこが出荷判定をしたり、最終的な製品のQA(Quality Assurance)についての責任を持つことがあります。
その部署が、現場のアジャイル開発にどのように関わるのがよいのか、という質問です。
ひいては、メトリクスの取り方(既存の品質のメトリクスや、バグ収束曲線が当てはまらない)にはじまり、「どのタイミングで」、「どういった体制で」関わるのか、という質問です。
日本でアジャイル開発の導入が進まない、もしくは懐疑的に考える人が多いのは、この部分にあると思います。
(引用終了)

上記の指摘は、現場でよく感じる。
メーカーのソフトウェア子会社、メーカーの情報システム部門からスピンアウトしたSIであれば、品質保証部という組織が普通はある。

製造業では、品質保証部という部門はとても存在意義があるし、ものづくり日本の品質管理技法を発展させてきた輝かしい歴史があった。
しかし、ソフトウェア開発で品質保証部が絡むと、あまり良い話を聞かない。

組込みソフトウェア開発のプロセス改善の違和感: プログラマの思索

製造業では、3S活動によって、生産プロセスを単純化→標準化→専門化して、製品や生産工程の品質のばらつきを無くす。
そして、その活動をQCストーリーに落とし込んで、PDCAサイクルに組み込んでいく。

製造業の生産プロセスでは、品質が安定した製品を大量生産するために、プロセスを標準化する。
標準プロセスを作るために、各工程の作業へ細分化して、各工程の仕掛品の品質をチェックして、品質のばらつきを原因特定して解決していく。

しかし、ソフトウェア開発では「プロセスの標準化」という活動が有効に活用できない。
正直、効果が出ているとは思えない。
システムのインフラ、開発環境、プログラミング技術が日進月歩で変わるために、その変化に標準化活動が追いつかないのだ。
むしろ、古くなった開発プロセスを現場に押し付けるような立場になっていると思う。

では、ソフトウェア開発では品質保証という部門は不要なのか、と言われるとそうでもない。
SIにいると、形骸化した品質保証部の代わりに、開発案件の受注時の見積りレビューやリリース判定を行う役割をPMOのような組織が肩代わりしている場合が多い。
たとえば、見積りやプロジェクト計画が甘くないか、リリースしてクレーム対応に追われるリスクがないか、などを精査する。
つまり、製品の出荷判定を品質保証部がチェックするように、PMOがリリース判定を行っている。

そのPMOは、製造業のISOシリーズのように、CMMIなどの標準プロセスを策定して、ソフトウェア品質を確保しようとするが、実際はなかなか上手くいかない。

では何が違うのか?
ぼんやりしていて、その理由ははっきり分からない。

但し、上記の記事を読むと、「品質保証部」対「開発チーム」という牽制の関係ではなく、2つの組織をばらして、品質保証部メンバーが開発チームに混じって作業する方が上手くいく、という指摘をしているように思える。

つまり、運用チームと開発チームが組織的に分割され、チームが牽制し合うことで不正な作業をチェックする仕組みではなく、昨今のDevOpsのように、チームをシャッフルして、ペアプロのように共同作業していく方向性が良いと示唆しているように思える。

日本人も日本の組織も、QCサークルのような文化があったのだから、本来はペアプロのような共同作業は、日本人にフィットしているはずだと思う。
日本人は本来、トップダウンによる変革よりも、ボトムアップによる改善の方が向いているのだろうと思う。

しかしながら、そのやり方は、IT全般統制のような法律があるがゆえに、日本ではなかなか浸透できない現実もある。

ITに係る全般統制とDevOpsの緊張関係: プログラマの思索

昨今は、組織的不正を行わないように、組織が互いに牽制し合うように組織構造を作ることを勧められているために、日本の現場にそのような風潮を取り込むと、各組織の意思決定が部分最適化しすぎてしまい、全くうまくいってない。
なんだかな~と思ったりもする。

少なくとも、IT業界における世界の潮流は、サイロ型の組織構造をばらして、小さなチームに編成し直し、アジャイルに行動する方向へ進化している。

組織構成の考え方を変えれば、その潮流に乗れば、日本のソフトウェア組織も適応できるのではないか?
品質保証部はソフトウェア組織のボトルネックではなく、ソフトウェアチームの一部分に同化できるのではないか?
すると、ソフトウェア開発では、品質保証部は解体されて、ソフトウェアチームに同化されるべきではないか。
たぶん、DevOpsもその流れ。

この妄想をいろいろ考えてみる。

|

« Unofficial Redmine CookingプロジェクトでRedmineカスタマイズのノウハウを皆で集めてみよう | トップページ | WindowsのRubyのバージョン管理はuruを使う »

Agile」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

コメント

プロセスの標準化って難しい

標準化は組織の必要最低限のやるべきことで、それ以上にできる人は、そのまま実施してもらい、可能な範囲から標準化に組み込むだと思っているのですが、人によって理解がさまざまに見える

>IT業界における世界の潮流は、サイロ型の組織構造をばらして、
>小さなチームに編成し直し、アジャイルに行動する方向へ進化している
これができないと、組織は衰退するでしょうね・・・もしかしたら国としても
危機感を持っています

品質保証しかり、PMOしかり

投稿: Madowindahead | 2016/12/14 12:11

Madowindahead さん、わざわざコメントありがとうございます。

僕は、ソフトウェア開発のプロセス標準化について否定的です。
製造業のプロセス標準化は、過去は品質管理に非常に役立って効果も出た。
しかし、その成功体験が仇となって、ソフトウェア開発に持ち込むと、効果が出るどころか、逆に生産性を落としている。
一度ばらしたほうがいいと思っています。

投稿: あきぴー | 2016/12/20 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Unofficial Redmine CookingプロジェクトでRedmineカスタマイズのノウハウを皆で集めてみよう | トップページ | WindowsのRubyのバージョン管理はuruを使う »