« Windows上でJRuby9+Redmine3.3.1を構築した時のメモ | トップページ | 「ワーク・ルールズ」の感想 »

2016/12/28

チケット駆動の罠~複雑さはチケットの粒度に関連している

チケット駆動の罠の記事をメモ。

【参考】
JIRAに死を | TechCrunch Japan

(引用開始)
ここで強調したいのは、悪いのは必ずしもJIRA自身ではない、ということだ。
ここまで書いてきたことはすべて、ソフトウェアのアーキテクチャと開発を“チケット”の集合に還元する、という考え方に由来している。
JIRAの最大の罪は、それが、もっとも成功し広く普及しているチケットシステムであること、それだけだ。
ソフトウェアプロジェクトをチケットの集合で表す、という考え方そのものが、真の敵だ。
(引用終了)

tadashi-aikawaさんのツイート: "本文にも書いてあるけど JIRAをディスっているのではなく JIRAの使い方をディスっているだけ。 Confluence使えばおけ JIRAに死を | TechCrunch Japan https://t.co/pNEqwe12Ex via @jptechcrunch"

akipiiさんのツイート: "チケット駆動の罠か。なるほど。RT @arichika: 派手なタイトルの割にちゃんと読めば、チケット駆動が陥りやすいミスが書かれていると思う。プロダクト・サービスの全体像が見えにくくなる、という事。... https://t.co/TB8O1uTEA6"

宮乃ぺこ@木曜東ア34bさんのツイート: "JIRAに関してというより、システム全体をみようねって話 JIRAに死を | TechCrunch Japan https://t.co/Nk3mms8Ryg @jptechcrunchから"

Takeo Hashimotoさんのツイート: "煽りタイトル良くない。そのようにデザインされていない道具をそのようにデザインされていない目的に無理やり当てはめようとしてもうまくいかないのは、ある意味当たり前。原文見たら本当に death って書いてあって呆れた。/ JIRAに死を https://t.co/iEXy4qUFUm"

Mass Kanekoさんのツイート: "「ソフトウェアプロジェクトをチケットの集合で表す、という考え方そのものが、真の敵だ。」 少なくともAtlassianはそれを推奨していないのでは。 JIRAに死を | TechCrunch Japan https://t.co/YfCfN4F9GW"

akipiiさんのツイート: "Redmineのチケットも同じ。「デベロッパーが考えるソフトウェアのアーキテクチャが、知らず知らずのうちに、JIRAのチケットにマップしやすい構造になることだ」JIRAに死を | TechCrunch Japan https://t.co/M54P4FBt3f"

akipiiさんのツイート: "「ソフトウェアのアーキテクチャと開発を“チケット”の集合に還元するという考え方」「ソフトウェアプロジェクトをチケットの集合で表すという考え方」JIRAに死を | TechCrunch Japan https://t.co/M54P4FBt3f"

Takafumi Ikedaさんのツイート: "分かるよ。優れた要求仕様はエッセイのようになってるべきだと思う。ジョエルスポルスキーが言うみたいに。でもそうするといつ出来上がるのか予想できないプロジェクトになりやすいけど。経験上。 / “JIRAに死を | TechCrunc…” https://t.co/vzLYSENUZB"

Yamamoto hiroyukiさんのツイート: "ストーリーやタスクは完成しているかしていないかのいずれかと考えるのはアジャイルマネジメントのベストプラクティスだ。著者はそれに異論があるようだ。 | TechCrunch Japan https://t.co/9LjDHX09fI"

【感想】
Redmineのチケット機能はとても優秀だと思う。
理由は、チケット構造をツリー上に展開できるおかげで、WBSやタスクカードなどのような構造をチケットの関連として実現できるからだ。
WBSをチケットに一度登録できれば、ガントチャートであれ、ロードマップであれ、サマリであれ、好きなようにチケット集計のビューで色んな角度で分析できる。

しかし、チケット管理をやりすぎると、思ったほどの効果が出ない場合がある。
@arclampさんが以前、下記の記事を記載されていたのを思い出す。

チケット駆動開発で作業管理はしないほうがいい - arclamp

また、第11回東京Redmine勉強会のアンケート結果でも、「全てチケット化するのは非経済となるシーンもある点です」という声もあった。
たぶん、数多くの人たちが試行錯誤しながら、Redmineのチケット管理の可能性を試している。

個人的には、上記の記事のような指摘から発生する問題の根本には、チケットの粒度があると直感する。
WBSであれ、ソフトウェアやマスタの構造であれ、さほど複雑でなければ、少ないチケットの枚数で表現できる。
チケットの枚数が少ないならば、外部環境からの影響でチケットの構造に変化が発生したとしても、その修正コストはさほど大きくないし、受け入れられる。

しかし、WBSやソフトウェアの構造が複雑になり、チケットの枚数が非常に多くなれば、その構造を実現して、最新の現状と連動させるように同期し続けるのは非常にコストが大きくなる。
チケット保守のコストが大きくなってくるからだ。

ソフトウェア設計では、ソフトウェアの複雑さを複数のレイヤーで分割し、粒度や抽象度を上げることで、その複雑さを軽減しようとする。
チケット管理でも、チケットの親子関係や親子プロジェクト、バージョンなどの機能によって、大量のチケットをレイヤーで分割して、枚数を制限することで、チケット管理の保守コストを受け入れ可能なレベルまで落とす。

つまり、チケット管理が駄目なのではなく、複雑さをどのように手なづけるか、ということが本来の問題なのだと思う。
それは、ソフトウェア工学の古くからの問題であり、あちこちの場面で出てくる。

但し、Redmineのチケット管理では、複雑さを軽減するためのレイヤーとなる機能が限られている。
たとえば、親子チケット、関連チケット、親子プロジェクト、バージョン、カテゴリなどしかない。
それらの機能を増やした方が良いのか、それとも、それらの機能の使い方をもっと工夫すべきなのか。

今の僕の考えは、Redmineの既存の機能を使って、チケット管理の可能性をもっと研究してみたい。
まだまだ色んな可能性を秘めているはずだ、と思う。

|

« Windows上でJRuby9+Redmine3.3.1を構築した時のメモ | トップページ | 「ワーク・ルールズ」の感想 »

Redmine」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

チケット駆動開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Windows上でJRuby9+Redmine3.3.1を構築した時のメモ | トップページ | 「ワーク・ルールズ」の感想 »