映画・テレビ

2007/02/22

県庁の星

 随分前に「県庁の星」を借りて見た。

 織田裕二と言えば「踊る大走査線」が有名だよな。
 「事件は会議で起きているんじゃない!現場で起きているんだ!」の台詞が有名だけれど、この映画も似たような路線。
 でも、こちらの方が楽しめた。
 柴崎コウセカチューでも出てたことをようやく知りました。。

 ラストシーンはハリウッドぽくエンターテイメントで終わる。

 エリート公務員の織田裕二が三流スーパーにやって来て、若い女性パートの柴崎コウにしごかれる。
 そのシーンがステレオタイプすぎて面白い。

 しかし、織田裕二が作ったプランを実際に実行してみると、三流スーパーの業務改革にすんなりはまる。
 彼が倉庫を観察して、余った棚で在庫品を整理したり、床に在庫を運ぶための経路をガムテープで張ったりする。
 そんな彼を叱咤する柴崎コウが頼もしい。

 とまあ映画では面白おかしく進むのだが、彼が実行しようとしたプロセスが、まず在庫整理というのが興味深かった。
 
 小売業のプロセスの基本は下記の繰り返し。

販売計画→売上実績→在庫調整

 これはいわゆる「PDS」(Plan→Do→See 計画→統制→実績)に相当する。

 映画の三流スーパーでは在庫をコントロールできていないだけでなく、在庫数を自分たちも把握できていない。
 では、どこから改革したらいいのか?

 TOCのMLのコンサルの話によると、こうなる。

こういう状況では「実績と現状が不一致」になっている。
だから、次のやり方で進めていく。

1・まず実績に現場の数字を入れて、実績を実態に合わせる。
2・次に、調達計画や販売計画も自分たちが決めて数字を入れる。
(これらのやり方を「システムを空回りさせて足で稼いだ実績データを使う」という風に言っている)

3・そして、DBRを使ってローカルな統制を行い、計画や実績のデータの正確性を高めていく。

4・ここで、バッファー=時間的余裕を使って、ローカルな最適化を全体最適へ持っていく。
 つまり、最初はバッファ(ゆとり)は大きく取るけれども、データの精度が高まるにつれて、バッファを小さくしていく。
 揺らぎが小さくなれば、システムはスムーズに流れるようになる、と。

 実際、この映画でも、三流スーパーの在庫整理から始まり、調達計画から抜き打ち検査のマニュアル作りという計画まで作っていく。
 といっても、映画なので、TOCのバッファ管理やDBRに似たような場面はなく、従業員の信頼を織田裕二が勝ち取っていくという場面になっていますが。。
 
 ま、笑える映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/16

春の雪

 「春の雪」を見た。

 内容は、、単純なストーリー。
 原作は三島由紀夫だが、映画は中途半端に終わっている印象もある。

 竹内結子は綺麗だ。
 宇多田ヒカルの「Be My Last」(私の最後であって)もシンプルで綺麗。
 映像も綺麗。
 但し、お昼の主婦のメロドラマに近い雰囲気なのかも。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/13

いま、会いにゆきます

 昨夜、友人と酒を飲みながら「いま、会いにゆきます」のDVDを鑑賞した。

実は初めて見ましたが、とても綺麗な映画だった。
亡くなった奥さんが戻ってきて、「いってらっしゃい」「おかえり」と言われたら、男ならジーンと来て泣くだろうねえ。
澪がいなくなった後のシーンが良かった。
タイトルの意味がようやく分かった(^^)

竹内結子ってこんなに綺麗な女優さんとは思わなかった。。
竹内結子がこの映画で共演した男優と出来ちゃった結婚したのも何となく頷ける。

今思うと、昨年は映画の当たり年だったのかも。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/07/19

「地球大進化」は凄い!

 7/17放映NHK番組「地球大進化・大量絶滅」を見た。
 凄い!! 面白い!!

 時は恐竜時代のはるか昔の2億5千万年前。哺乳類型爬虫類が地球を支配していた。ところが、95%もの動植物が突然絶滅してしまう。その原因は長い間謎だったが、ついに解明された!

 昨年(?)、西シベリアの石油採掘で地底に大量の溶岩層が発見された。その広さは中央シベリアまで達するという。科学者は、年代とその規模から類推して、地球史上最大の大噴火を起こした痕跡だと突き止めた!
 大噴火後、地球の酸素濃度は30%から10数%へ激減し、生き残った生物達は更なる生存競争に陥れられた。その後の進化の歴史では、低酸素でも生き抜けるように気嚢システムを持った爬虫類とその子孫である恐竜が大繁栄した。哺乳類は、横隔膜を発達させて肺機能を進化させたが、恐竜の蔭に追いやられた。
 その恐竜も大隕石によって滅び、ようやく哺乳類が地球を制覇した。

 生物の大量絶滅は、恐竜を絶滅させた大隕石だけではなく、地球の内部から来る大噴火でも起きたという事実(?)が凄く衝撃的だった。
 ストーリーが「The After Day」「インディペンデンスデイ」「ディープインパクト」「アルマゲドン」等のパニック映画を思い出させる。
 この学説が正しいならば、来年はパニック映画が流行するのではないだろうか(^_^)


史上最大級の火山噴火が起きた!

 昔、中学生の頃にNHK番組「地球大紀行」があって、地球の歴史をその当時最新の特撮CGで再現して衝撃を受けた記憶がある。恐竜を絶滅させた原因は大隕石だった、とか、生物は火山の傍にいる原始的な微生物から誕生したのではないか、等の説明がすごくインパクトがあって、中学生の僕はワクワクさせられた。
 15年ぶりに「地球大進化」を見て、昔の興奮を思い出したよ(^^)

 NHKのHPを見たら、「地球は2回、全凍結した時がある」等、びっくり仰天の学説まで披露している。思わず、本当なのか、と疑ってしまうけれど。


海も陸も全てが凍りついたとされる地球(スノーボール)

 月1回しか放映しないが、要チェック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/05

ショーシャンクの空に2

 後輩H君と焼肉+缶ビールを飲みながら「ショーシャンクの空に」を再鑑賞。
 彼は、アンディがフィガロの結婚を刑務所全てに流す場面を絶賛した。最終的に人の心には音楽が残る、というシーンを象徴的に表していることが理由らしい。
 ミュージシャンを目指していた人ならば誰でも、この映画をBest3に入れるかもしれない。

 えがぴーさんがこの映画を好きな映画の一つに入れていたのも僕が鑑賞したもう一つの理由。
 彼もミュージシャンのセンスを持っていそうなので、ミュージシャンにとって普遍的な感触を持つ映画なのかもしれない。

 映画鑑賞はアルコールを飲みながら、親友と一緒に見るのが一番楽しい気がする。理由は感動が2倍になるから。しかし、2人で9本も缶ビール・缶チューハイを開けたので、明日仕事する気にならない(m_m)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/03

ショーシャンクの空に

「ショーシャンクの空に」をパソコンで作業しながら見ていたけど、途中で見入ってしまった。
 DVDタイトルの歓喜のシーンが映画の最大の山場。何となくプラトーンのシーンを思い出した。
 缶ビールを飲みながら見ていたから、普段よりも興奮しやすかったかも。
 後輩H君から、映画に恋愛は要らない、と議論したのが見たきっかけなのだが、その意見にも納得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)