2020/10/28

チケット管理ツールの用途が変わってきている

チケット管理ツールのクラウドサービスAsanaの記事を読んで、チケット管理ツールの用途が変わってきていると感じたのでメモ。

【参考】
チームの仕事、プロジェクト、タスクをオンラインで管理 ・ Asana

Asanaが好きなもので。|なかやけんいち|note

Asana - Wikipedia

asanaの活用方法を徹底解剖!基本的な使い方から応用編までご紹介 |マケフリ

タスク管理ツールAsana(アサナ)とは?特徴や使い方を徹底解説

(引用開始)
人によって「使いやすい」の基点が違う
そして困ったことに「使いやすさ」「快適さ」は職種や人でそうとう異なるんですね。そもそもプロジェクト管理ツールに対する期待値や使う人の環境が違うという問題があります。

エンジニア系の人々は「プロジェクト」という生物を飼育するための運営連絡帳的な視野で利用しているようです。
飼育してる生き物(プロジェクト)が突然病気になったり死んでしまわないよう、チームみんなで協力して連絡帳つけましょう、やるべきことしっかりまとめましょう、とかなり几帳面に運用します。そして当然のように仕事の間ずっと目の前にPC画面があるので頻繁に丁寧にアクセスして記入してくれます。

非エンジニア系=管理・営業・マーケティング系の人々は「パーティ開催の準備リスト」的な視野で利用しているようです。
すべきことのリスト作りは直感的にスピーディにできるのが理想的。そして突発的なタスクの発生・変更にも対応し易く、メンバーが相互に確認できる手軽さが大事です。そして、打ち合わせなどの移動中などにスマホなどからさっと確認・処理できるのがうれしかったりします。
こうした違う種類の人たちが混在するプロジェクトのニーズを同時に満たすのは簡単ではありません。まさに今この瞬間にもうまくいかないと困ってるチームはあると思います。

あえて「エンジニア系」と「非エンジニア系」と書いてみましたが、細かいことを言い出すと、同じ職種でも人によって「快適」のツボは異なったりして、全員が満足するツールを見つけるのはなかなか大変です。
(引用終了)

自分はエンジニア系なので、ソフトウェア開発のプロジェクトを管理したい。
だから、プロジェクトが変な方向に行かないように、成果物とチケットの更新履歴を見ながら、頻繁にチケットを更新して、メンバー間のコミュニケーションを取るようにする。
朝顔に水をやり、変な虫を取り、こまめに手入れするみたいな感じ。
社内の定型業務や一般業務の管理も同じイメージだろう。
Scrumのバックログでチケットを登録して、それらを逐一細かく追跡したい。

一方、営業・マーケティング系の人たちは「パーティ開催の準備リスト的な視野で利用している」指摘が面白い。
確かに、エンジニア系の人でも、コミュニティでのイベント管理や日々の運用管理では、成果物とそれに紐づけた作業の2つを管理するよりも、今どれだけの課題やタスクがあって、抜け漏れはないよね、という点を確認したい。
もっと気軽にチケットを管理したい。
ToDo管理やGTDに近い感じで、サクサク閉じていきたい。

Redmineは良いツールと思うが、他のSaaSを見ていると、気軽に使えるな、と思う時がある。
そのあたりを色々考えてみる。


| | コメント (0)

2020/10/22

RedmineでGitのbareリポジトリにアクセスする方法

久しぶりにローカル環境のRedmineを構築してみた。
ローカル環境にあるGitリポジトリをRedmineに連携する設定をメモ。

【参考】
共有フォルダに Git 中央ベアリポジトリを置く - Qiita

既にGitリポジトリがローカル環境にある前提とする。

git-bashを開く。
bareリポジトリを作成する。

cd /c/home/ruby
mkdir bare

cd /c/home/ruby/bare
git init --bare --shared=true

初回のPush。
cd /c/home/project/repo
git remote add origin /c/home/ruby/bare
git push --set-upstream origin master

2回目のプッシュ
cd /c/home/project/repo
git push origin master

TortoiseHgやSourceTreeならば、2回目からコミットしてPushすればOK。

Redmineの設定画面でGitのBareリポジトリをセットすれば、リポジトリ画面に表示される。

Ver4.1のRedmineをローカル環境にセットアップして、Gitリポジトリも連携できたので、すごく快適。
課題管理も進捗管理も構成管理も、全てRedmineに集約すれば、作業が捗るのは嬉しい。

| | コメント (0)

2020/10/21

astahでオブジェクト背景にグラデーションを設定する方法

いつの頃からか、astahでオブジェクト背景にグラデーションがつかなくなった。
astahでオブジェクト背景にグラデーションを設定する方法が下記にあるのでメモ。

既存の図にグラデーションを設定する方法 | astah in 5 min

システムプロパティ>ダイアグラムエディタ>グラデーション図要素>横
に設定し、[プロジェクトに関する設定を現在のプロジェクトに反映する]にチェックを入れる。

| | コメント (0)

2020/10/20

複雑なUMLの代わりにC4モデルが提案されている

知人から、複雑なUMLの代わりにC4モデルが提案されていると聞いたのでメモ。

【参考】
ソフトウェアアーキテクチャのためのC4モデル

The C4 model for visualising software architecture

C4モデルを見ると、Webサービス用のアーキテクチャを描くためのモデリング技法みたい。
コンテナという要素もあるので、インフラ基盤も意識しているように思える。

下記のデモGifが分かりやすい。

C4-PlantUML/vscode_c4plantuml_snippets.gif at master ・ RicardoNiepel/C4-PlantUML ・ GitHub

UMLモデリングは僕は好きだが、確かに記法が複雑になってきているので、初心者には分かりにくいかもしれない。

僕が最近UMLに物足りないと感じるのは、クラウドに特化したモデリング記法やモデリングツールがないことだ。
単にアプリ層だけでなく、インフラ基盤のアーキテクチャも描きたい。
今はWebシステムはAWSのようなクラウド上に構築するのが当たり前で、AWSのサービスを駆使して開発するのが当たり前なので、どういうアーキテクチャに設計すればいいのか、をモデルとして描きたいのだ。

こういう簡単なモデリング技法を使うことで、アプリ開発者がインフラ基盤担当者と会話できるようになるといいなと思う。

| | コメント (0)

2020/10/18

Scrapboxが使いやすい

別のコミュニティ活動でScrapboxを使っているのだが、割と使いやすい。
Scrapboxのリンクをメモしておく。

【参考】
Scrapboxの使い方!アウトプットの効率化におすすめ | Workship MAGAZINE(ワークシップマガジン)

Scrapboxを使い始める前に知ってもらいたい7つのこと|倉下忠憲|note

【お役立ち情報】Scrapboxのメリットから使い方まで一気に解説! | Pikawaka - ピカ1わかりやすいプログラミング用語サイト

議事録をマークダウンで書いているのだが、高速で自動保存されるので気にしなくていい。
普通の箇条書きでサクサク書けて、簡単な強調文字や色文字も使えるし、画像も貼れる。
基本は、ページ内でリンクを貼るだけ。
たくさんのページができても、Index用のページを1個作っておけば、いつでも辿れる。
ブラウザの印刷機能を使えば、そのままPDF出力できる。

また、ブラウザでどこでも表示できるので、PCで書いた後、外出中や通勤電車内でスマホで閲覧もできる。
隙間時間に、自分のアイデアやメモ、記録した内容を見れるのはありがたい。

Googleスプレッドシートを使っている時もあるが、やはりExcelライクなので、後で読みにくい。
やっぱり、Excelはよく使うけれど、あまり使いたくない。
テキストでサクサク書ける方がいい。
たぶん僕はWikiみたいな使い方が好きなんだろうと思う。

Scrapboxであえて弱点があるならば、表を書くことだろうが、「|」ではなく下記のような記法があるらしい。
今度試してみたい。

テーブルの書き方 - oystersjp

| | コメント (0)

«仕事が上手じゃない人は取り掛かりが遅い