« チケット駆動開発の背景 | トップページ | ジョエルテスト »

2008/08/26

日本のECサイトBEST1000

こんなHPがあったのでメモ。

日本のECサイトBEST1000 (2008年5月号 日本のECサイトBEST1000 丸わかりデータベース)

ネットショップ売上高ランキングTOP500
1位~10位(amazon.co.jp/ベルメゾンネット/ファミマ・ドットコムなど)
11位~50位(セシール/ディノスオンラインショップ/メディアミックスショッピングなど)
51位~100位(ナチュラム、三越オンラインショップ、Oisixなど)

1位のAmazonは年商が推定1500億円らしい。

Amazonと言えば、アフィリエイト、リコメンドエンジンなど、Web特有の機能が思いつく。
Web 2.0で一番重要なのは価値あるデータベース」と言われるが、つまりこれはデータ・マイニング機能を指す。
日々の売上げデータ、大量のアクセスログを多角的に解析して、マーケティング分析する手法。

意思決定する材料は、経験や勘よりも、データマイニングで分析したマーケットのトレンドの数値に重点を置いているのだろう。

おそらく今後も売り上げが伸びるに違いない。

|

« チケット駆動開発の背景 | トップページ | ジョエルテスト »

経営・法律・ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本のECサイトBEST1000:

« チケット駆動開発の背景 | トップページ | ジョエルテスト »