« TiDDとWFとScrumとLeanの違い | トップページ | テストケースの作り方 »

2009/10/11

TortoiseHg0.8.3がリリースされた

TortoiseHg0.8.3がリリースされたのでメモ。

【ダウンロード先】
tortoisehg / stable / downloads ― bitbucket.org

TortoiseHgがどんどんバージョンアップしてバグFixされていくのは、ユーザとして嬉しい。

又、下記のようにTortoiseHgやMercurialのドキュメントも日本語化されたので、参考にしよう。

TortoiseHg-ja.chm

ヘルプにはTortoiseHgの使い方が説明されているので、非常に参考になる。
コミットや履歴表示、更新、タグはTortoiseSVNと同じ使い方でよいが、pull, push, mergeはちょっと使い勝手が違う。

hgbook-ja.zip

Mercurial本の日本語訳。
英語版は更に更新されているので、日本語訳は多少古い。
やはり分散バージョン管理は、SVNとは違う発想があるから、こういうガイドブックがあるのはありがたい。

TortoiseHgにはMercurial 1.3.1が埋め込まれているので、Windowsユーザにとって敷居は低い。
RedmineはMercuialとも相性がよく、TortoiseHgとWinMergeでWordやExcelの差分表示もできるし、p4Mergeを使えば強力なマージ機能も使える。

TortoiseHgでExcelの差分を見る方法: プログラマの思索

TortoiseHgとたわむれてみる - watawata日記

色々試してみたい。

|

« TiDDとWFとScrumとLeanの違い | トップページ | テストケースの作り方 »

Mercurial」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TortoiseHg0.8.3がリリースされた:

« TiDDとWFとScrumとLeanの違い | トップページ | テストケースの作り方 »