« チケット駆動開発のアンチパターンpart2 | トップページ | TiDDを実践して気づいたことpart5~チケット管理システムとは »

2009/12/04

TortoiseHgはPull、Pushをグラフィカルに表示する

TortoiseHg 0.9.1が出たので早速使ってみた。
Pull、Pushについて分かりやすい記事があったのでメモ。

【元ネタ】
TortoiseHG 0.9.0のincoming,pull/outgoing,push - 文殊堂

TortoiseHg マニュアルにようこそ! ― TortoiseHg v0.9.0 documentation

Pull、Pushがまさに、TortoiseHgのChangeLog上でマスタリポジトリとローカルリポジトリの間で特定のリビジョンをマージするやり取りをグラフィカルに表示してくれる。

メインラインモデルによる並行開発では、この機能は今後必須になってくるだろう。
そして、アジャイル開発でも当然のように必須になってくるだろう。

今後のVerUpに要注意だ。

|

« チケット駆動開発のアンチパターンpart2 | トップページ | TiDDを実践して気づいたことpart5~チケット管理システムとは »

Mercurial」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チケット駆動開発のアンチパターンpart2 | トップページ | TiDDを実践して気づいたことpart5~チケット管理システムとは »