« OODAループはScrumにどんな考え方を注入し、影響させたのか | トップページ | RedmineJapan2020の見所 #RedmineJapan »

2020/09/02

問題解決アプローチを見極める『クネビンフレームワーク』のメモ

問題解決アプローチを見極める『クネビンフレームワーク』を知ったのでメモ。
結論のないメモ。

【参考1】
akipiiさんはTwitterを使っています 「クネビンフレームワークの説明が参考になった。問題のドメインが時代で変化しているからソフトウェア開発プロセスも変化する。非開発者のためのアジャイル開発入門 by @haradakiro #agile #complex https://t.co/2iCYVDeddY」 / Twitter

More Effective Agile ? “ソフトウェアリーダー”になるための28の道標|かず|note

複雑な世界を捉えるためのカネヴィンフレームワーク(Cynefin Framework) ? ゲームを用いた企業研修なら| 株式会社HEART QUAKE

(引用開始)
カネヴィンフレームワークは1999年にIBM Global Servicesのデイブ・スノーデン(Dave Snowden)らが提唱したもので、状況・問題を大きく4つのドメインに分類するフレームワークです。(上画像)

1.Simple(シンプル):単純
⇒問題の因果関係・構造が明確

2.Complicated(コンプリケーティッド):煩雑
⇒少し分析すれば、因果関係・構造が明確

3.Complex(コンプレックス);複雑
⇒因果関係が複雑、調査・探索が必要

4.Chaotic(カオス):混乱
⇒因果関係が不明確で、状況や問題を理解することも難しい

その他.Disorder(ディスオーダー):無秩序
⇒直面する問題に適切な解決策がない

さらに、1のSimpleと、2のComplicatedを予測可能な問題、3のComplexと、Chaoticを予測不可能な問題と分類することもできます。
(引用終了)

製造業における製品製造の大量生産方式のビジネスと、エンジニアやコンサルタントなどの知的労働者がプロジェクトで仕事するビジネスは、本質的に何かが違うといつも思っていた。
その理由の一つは、問題解決アプローチが全く違う、という指摘を、クネビンフレームワークは教えてくれる。

クネビンについて講演してきました | サーバントワークス株式会社

(引用開始)
(クネビンフレームワークが必要とされる)背景としては、「正解がない」多様化した問題と現実解に対しての理解を深めることが第一義です。第二儀としては、アジャイルの必然性の腹落ち感があります。
(引用終了)

アジャイル開発が昨今必要とされる背景には、従来の問題解決の手法が通用しなくなってきていて、新しいフレームワークや考え方による問題解決手法が必要とされているのだろう。
「More Effective Agile ~“ソフトウェアリーダー"になるための28の道標」では、アジャイル開発による問題解決の観点はクネビンフレームワークの「複雑(Complex)」に当たるのではないか、という内容があるらしいので、今度読んでみたい。

【参考2】
複雑な世界を捉えるためのカネヴィンフレームワーク(Cynefin Framework) ? ゲームを用いた企業研修なら| 株式会社HEART QUAKE

クネビンフレームワーク Cynefin Framework :臨機応変の意思決定手法 ? I & COMPANY / アイ&カンパニー

カネビン・フレームワークで問題解決策を見極める

クネビンフレームワークを使ったテクニカルサポートチームの行動指針の立案 | Developers.IO

問題の解決アプローチを見極める『クネビンフレームワーク』をざっくりまとめる - コード日進月歩

(引用開始)
これをエンジニアのロールに置き換える広木さんのツイートはすごいなと思ったので参考まで
(引用終了)

広木 大地/ エンジニアリング組織論への招待さんはTwitterを使っています 「CTO/VPoE/TechLead(スペシャリスト)の仕事って一体どう言う役割分担なの?みたいなことを聞かれる。 これはクネビンフレームワークで捉えるとわかりやすい CTO は Chaoticな問題 -> Complex VPoE/EMは Complexな問題 -> Complicated TechLeadは Complicatedな問題 -> Simple 不確実性が減っていく https://t.co/un1FX3QQ53」 / Twitter

akipiiさんはTwitterを使っています 「クネビンフレームワークでカオスで複雑・複合的な問題を分類する。CTO/VPoE/TechLeadというエンジニアのロールはクネビンフレームワークで整理すると分かりやすいという指摘。 問題の解決アプローチを見極める『クネビンフレームワーク』をざっくりまとめる - コード日進月歩 https://t.co/exz3rCJnfw」 / Twitter


|

« OODAループはScrumにどんな考え方を注入し、影響させたのか | トップページ | RedmineJapan2020の見所 #RedmineJapan »

モデリング」カテゴリの記事

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

経営・法律・ビジネス」カテゴリの記事

Agile」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« OODAループはScrumにどんな考え方を注入し、影響させたのか | トップページ | RedmineJapan2020の見所 #RedmineJapan »