« Dockerは仮想スイッチと仮想イメージの両方を持つ | トップページ | 『オブジェクト指向でなぜつくるのか』第3版が出版された »

2021/05/08

astah*の因果ループプラグインがいいね

astah*の因果ループプラグインを教えてもらったのでメモ。
使ってみるとなかなか良いです。

【参考】
snytng/inga astah*の因果ループプラグイン

思考力と注意力のトレードオフを因果ループ図で描いてみた: プログラマの思索

因果ループ図を再考する~問題の症状をシステム構造として捉えて解決策を見つける: プログラマの思索

astah*の因果ループプラグインのメリットは、因果ループ図からロジックをリバースしてくれること。
要因Xが増えれば、要因Yが増えるのか、要因Yが減るのか、表示してくれる。
ロジックを見直す時に役立ちそう。

【1】教員希望者が減っているニュースを見て、その背景にあるロジックを書いてみた。

教員の過酷な労働実態相次ぐ投稿でオンライン上の報告会開催 | 教育 | NHKニュース

小学校教員倍率、過去最低2.7倍 質の確保急務: 日本経済新聞

Photo_20210508114201

ニュースでは、下記のロジックが読み取れる。

「教師希望者」が増えれば、「教師の質」が増える: 1 (自己強化=1, バランス=0)
→「教師の質」が増えれば、「モンスターペアレント」が減る: 1 (自己強化=1, バランス=0)
→「モンスターペアレント」が減れば、「教師の作業負荷」が減る: 1 (自己強化=1, バランス=0)
→「教師の作業負荷」が減れば、「教師希望者」が増える: 1 (自己強化=1, バランス=0)

そこで、教師希望者を増やすために、教師増加キャンペーンを実施したわけだが、本当に効果があるのか?
レバレッジポイントはそこなのか?
他の要因を増減させるような施策の方が優先ではないか?

他にも隠れたロジックがないか?
色々考えが思いつく。

astah*の因果ループプラグインの他の機能では、下部欄の因果関係をクリックすると、因果ループ図の線にフォーカスしてくれる。
ただし、Same(+)は実線、Opposite(ー)は破線なので注意。

|

« Dockerは仮想スイッチと仮想イメージの両方を持つ | トップページ | 『オブジェクト指向でなぜつくるのか』第3版が出版された »

モデリング」カテゴリの記事

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

astahによるUMLモデリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Dockerは仮想スイッチと仮想イメージの両方を持つ | トップページ | 『オブジェクト指向でなぜつくるのか』第3版が出版された »