« 昭和の管理者の承認処理は判子押印、令和の管理者の承認処理はいいねボタンを押すこと | トップページ | ITの地殻変動はどこで起きているのか?~今後の課題はソフトウェア事業におけるエージェンシー問題を解決すること »

2022/01/01

チケット駆動開発のプロセスと開発基盤を再考する #Redmine

チケット駆動開発のプロセスと開発基盤を書き直してみた。

チケット駆動開発のプロセスとチケット管理システムの全体像 #Redmine: プログラマの思索の図を改良している。

チケット駆動開発は基本的に、ScrumやXPに似たアジャイル開発のプロセスと同一視される。
なぜなら、ロードマップをScrumのスプリント計画、XPのイテレーション計画とみなして、リリースサイクルに従って定期的にリリースされる仕組みとみなせるからだ。
つまり、チケット駆動開発は小規模リリースを実現するプロセス基盤でもある。

他方、チケット駆動開発というプロセスから発生する情報は、チケット管理ツールに全て集約される。
チケット駆動開発プロセスは、チケット管理システムに支えられて実装される。
チケット管理システムの構造は、Input,Process,Outputという単純なプロセスから成り立つ。
中核となるPMISは、フロー管理とストック管理という2つの機能を持つ。

フロー管理の機能は、チケット管理、チケット集計、ロードマップ、ワークフロー管理などがある。
つまり、チケットは流通媒体であり、ステータスに応じてサクサク流れる。
チケット集計には、ガントチャート、カレンダー、かんばんなどがある。
ロードマップとチケット集計を区別したのは、ロードマップがScrumのプロダクトバックログに似た機能であり、スプリント計画あるいはイテレーション計画で使われる重要な機能だからだ。

ストック管理の機能は、チケット管理、SCM連携、Wiki、トレーサビリティなどがある。
つまり、チケットは記録媒体であり、作業履歴や課題の内容、障害管理票などの帳票として記録される。
ただし、記録される媒体はチケットだけでなく、Wikiもあるし、GitやSVNなどの構成管理ツールにもある。
これらの情報と相互リンクすることで、チケット管理ツールにすべての情報が集約されて、ナレッジ基盤になる。

チケット駆動開発はプロセスであるから、処理が主人公になる。
一方、チケット管理システムは機能から構成されるので、機能を通じて記録されるデータが重要になる。
そのデータの特徴はフローでもありストックでもある。

チケット管理システムは、チケットにフローとストックの両方の意味を故意に持たせることで、幅広い運用が可能になる。
ある側面では、タスクかんばん上でステータス管理できるし、ある側面では、そのタスクや課題のチケットには、数多くの情報が記録されているし、その変更履歴も記録されているので、経緯や意図を把握できる。

このチケットの二重性という特質がチケット管理ツールに豊かな機能や利用シーンを生み出してくれるのだ。

Redmineのチケット駆動開発では、チケットに複数の意味を持たせて運用した方が上手く回る: プログラマの思索

Redmineによるチケット駆動開発はストック型プロセスとフロー型プロセスの二面性を持つ: プログラマの思索

|

« 昭和の管理者の承認処理は判子押印、令和の管理者の承認処理はいいねボタンを押すこと | トップページ | ITの地殻変動はどこで起きているのか?~今後の課題はソフトウェア事業におけるエージェンシー問題を解決すること »

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

Redmine」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

チケット駆動開発」カテゴリの記事

Agile」カテゴリの記事

ERP・財務会計・経済学」カテゴリの記事

astahによるUMLモデリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昭和の管理者の承認処理は判子押印、令和の管理者の承認処理はいいねボタンを押すこと | トップページ | ITの地殻変動はどこで起きているのか?~今後の課題はソフトウェア事業におけるエージェンシー問題を解決すること »