« ITの地殻変動はどこで起きているのか?~今後の課題はソフトウェア事業におけるエージェンシー問題を解決すること | トップページ | 実践した後に勉強するのがエンジニアの本来の道 »

2022/01/09

プログラミングしてる時はでっかいピタゴラ装置を作ってるみたいな感じ

「プログラミングしてる時はでっかいピタゴラ装置を作ってるみたいな感じ」というツイートを見つけたすごく共感した。

【参考】
Rui UeyamaさんはTwitterを使っています 「少数派の意見かもしれないけど、プログラミングしてるときはでっかいピタゴラ装置を作ってるみたいな感じで、数学が関係ある感じがあんまりしない。」 / Twitter

結城浩さんはTwitterを使っています 「@rui314 デバッグしてるときと証明読んでるときはなんか似てる。素直に読みつつ穴探ししてるみたいな感覚。」 / Twitter

英語勉強中さんはTwitterを使っています 「@rui314 めちゃくちゃわかります。僕は書いてるとき数学のことなんか考えてないです」 / Twitter

akipiiさんはTwitterを使っています 「プログラミングはこの感覚に近いな」 / Twitter

プログラミングは「ブロックを組み合わせる」感覚に似ている: プログラマの思索

「プログラミングのできる羊とできない山羊を区別する方法」の記事のリンク: プログラマの思索

「60%の人間はプログラミングの素質がない」記事のリンク: プログラマの思索

プログラマに必要なスキル: プログラマの思索

プログラムを書いている時、数学の知識を使っているかと言われるとそうではない気がする。
むしろ、APIやFWのライブラリをまずは頭に叩き込んでおき、自分が実装したい目標に対して、それらAPIをどうやって組み合わせて意図通りに動かすか、に注力している。
ちょうど、ブロックで巨大な積み木を組み立てている感じに似ている。

だから、「プログラミングしてるときはでっかいピタゴラ装置を作ってるみたいな感じ」にはとても共感するし賛同する。

たとえば、RDBでSQLをデータ抽出したり、機械学習や深層学習のライブラリを使って母集団を推定したり、マーケットを予測したり、Web上の通信を暗号化したりする時、数学の理論はAPIやライブラリの中に隠れてしまっている。
それらライブラリを呼び出すだけで、高尚な理論を使えるのは素敵だが、だからと言って、プログラミングが楽になっているわけではないと思う。

一方、やりたいことを実現するには、PythonやRDB、Webサーバー、Dockerなどの開発環境を揃えて、Githubで構成管理し、CIツールでビルド&デプロイできるようにして、Jupytorを動かせるようにしたり、IntelliJなどの開発環境を構築したり、とプログラミングの前準備がすごく多い。
普通の初心者はこの部分で挫折するのだろうと思う。

僕自身、新しい環境を揃えてプログラミングスタイルを覚える時は割と苦痛に感じる時もあった。
Ruby on Railsもそうだし、AWSでの環境構築、GNS3でのCiscoルータ&スイッチの環境構築の時もそうだ。
Python+Anacondaはまだマシだった。
プログラミングは奥が深い。

|

« ITの地殻変動はどこで起きているのか?~今後の課題はソフトウェア事業におけるエージェンシー問題を解決すること | トップページ | 実践した後に勉強するのがエンジニアの本来の道 »

プログラミング」カテゴリの記事

Git・構成管理」カテゴリの記事

統計学・機械学習・深層学習」カテゴリの記事

ネットワーク・クラウド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ITの地殻変動はどこで起きているのか?~今後の課題はソフトウェア事業におけるエージェンシー問題を解決すること | トップページ | 実践した後に勉強するのがエンジニアの本来の道 »